お酒が美味しくなる方法

メイン画像
HOME > お酒の飲み方を工夫する

お酒の飲み方を工夫する

お酒を美味しくするのはおつまみだけではありません。お酒の飲み方をいろいろ考え工夫することによって、お酒をもっと美味しくいただくことができます。お酒自体に変化を加えたり、またはおつまみに目新しいものを用意したり、お酒を料理の隠し味にしてみてもいいでしょう。ここでは、そんなお酒の飲み方を楽しむための様々な情報を紹介しています。

 
日本酒をフリースタイルで味わう 日本酒はもちろんストレートで、という方多いというかほとんどではないでしょうか。ここでは、氷を入れたりシェイクしたりといった日本酒を自由に味わう方法をご紹介します。
「かけ酒」「つけ酒」で一段階上の料理に どんな料理もおいしくしてしまう調味料「日本酒」ということで「かけ酒」「つけ酒」で味わう方法をご紹介します。
米には米がマッチする 原料が米の日本酒がご飯に合わないわけがない!そこで、日本酒を加えたご飯料理をいくつかご紹介します。
スイーツと日本酒 アイスにお酒をかけて楽しむ文化は広く知られてますが、日本酒も例外ではなく、洋酒よりもぴったりマッチする場合が多い。そこで甘口日本酒とスイーツの絶品組み合わせをご紹介します。
青木酒造 常に時代の新しい風を取り入れた酒づくりを行う青木酒造。国内外で好評の鶴齢はコメのうまみと美しい酸味を持っている。独特の味わいを機会があればぜひ堪能したい。
小澤酒造 東京でも有数の美酒を造り続けている小澤酒造。酒造のほか料亭、美術館などもあり、広い敷地となっている。酒造を訪れた際に立ち寄ってみるのもいいかもしれない。
藤岡酒造 蒼空で新しい時代を切り開く藤岡酒造。観光客休憩がてら酒造に立ち寄るようだ。酒造りがガラ越しにみることができるのもうれしい。
泉橋酒造 自社で全体の1割の酒米を育てる泉橋酒造。口の中で濃厚な日本酒、味噌作りも最近始めたようである。口当たりの良い名水もポイントだろう。

ページトップへ